海 外 ド ラ イ ブ

大地に吸い込まれてしまいそうな直線路、天空へ駆け上がるようなワインディングロード

グッとアクセルを踏み込んで進む、その先には ・・・

このブログのスタートは 5/18/06 付の「きっかけ」です。 海外ドライブの実用的な

TIPSは主に前半部分に集まりました。  ご参考になることでもあれば幸いです。

Bon Voyage & Safty Driving!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香 港

2006-07-31-Mon-11:35
初めて踏んだ海外の地でもあり、ひとしおの思い入れがあります。 その後も、訪れるたびに新しい発見がありました。 そう、家族で旅行した楽しい思い出の残る場所でもあります。

当時、海外でドライブするなど考えも及びませんでしたが、ここは大好きな乗り物のオンパレード! タクシーは全て「メルセデス」のディーゼル車でした。 ダブルデッカーの電車にバス。 九龍半島と香港島を結ぶ「スターフェリー」。

そして、郊外に行くにはミニバス。 運転席の窓には行き先と料金が表示されていますが、勿論、場所など分かるはずもありません。 時間の出来る日曜日ともなると、パンをかじりながら、ともかくも飛び乗って終点まで ・・、そこには、まだまだ水田が広がる風景がありました。 1970 年代初めのお話しです。

当時、香港は中国へ入る唯一の窓口でした。 半島の突端にあった九龍駅から列車に乗って、少しばかり緊張しながら中国、広州を目指します。 まだ何の変哲も無い小さな農村であったシンセンの手前で列車を降りて、クリークに懸かる鉄橋を徒歩で渡ったら、いよいよ中国です。

1970、71 年の中国、広州の様子は コチラ のサイトに記しています。


さて、香港で極め付けの乗り物は、やはり、ビクトリア・ピークへのケーブルカー「ピークトラム」でしょう。 周りの高層ビルが横に寝てしまうほどの急傾斜、頂上駅に近付くにつれて車体がきしむような大カーブ、停車駅で止まる時の微妙なユレ ・・ これだけは、ズッと変わりませんね!

頂上には古ぼけた喫茶店が一軒か二軒だけあったような記憶があります。 ウィリアム・ホールデンとジェニファー・ジョーンズのカップル が片隅のテーブルに座っていても違和感の無い雰囲気が、まだ残っていました。

Peak Tower

〈追記〉 現在のピーク・タワーは何代目になるのか知りませんが、約 1 年間の改装工事を終えて、9 月 1 日に再開するとのことです。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。