海 外 ド ラ イ ブ

大地に吸い込まれてしまいそうな直線路、天空へ駆け上がるようなワインディングロード

グッとアクセルを踏み込んで進む、その先には ・・・

このブログのスタートは 5/18/06 付の「きっかけ」です。 海外ドライブの実用的な

TIPSは主に前半部分に集まりました。  ご参考になることでもあれば幸いです。

Bon Voyage & Safty Driving!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガス - 2

2010-08-17-Tue-12:24
ラスベガスの郊外、そしてアブダビと、海外で日本人の自動車事故死が続いています。 道路であれ、鉄路あっても人が動かす車両の事故はどうしても避けられないのかも知れません。 唯、何としても事故を起こす確率を 0 に近づける工夫と努力を怠ってはいけないのです。

事故を起こしたことのない筆者ですら、'if' をいくつか積み重ねると、冷や汗の出る場面には何度も出っくわしています。 その上、自分自身、危険性への自覚が全く無かったこともあるでしょう。 事故を起こす要因は、いろんなところに隠れているのです。

では、一体どうしたらと聞かれても、筆者には偉そうな答えなど出来っこありませんが、やはり、自分が運転する車の能力を知り、常に最上な状態に保って、その能力を十分に発揮できるようにしておくことでしょう。 いつも乗っている車ならエンジン音一つで車の状態が解ることもあります。 エンジン音をチャンと聞くために、ラジオすら付けない人もいるくらいですから ・・・。 気になることがあれば、車を整備に出す習慣を付けておきたいものです。

レンタカーなど初めて乗る車の場合、少なくともタイアの減り具合を確かめることを忘れないでください。 唯、シッカリとトレッドのある車でも、走行距離が少ない車にはタイアそのものが古いこともあります。 筆者にも、突然の激しい雨に見舞われタイアが気になって、全くスピードを上げられず超ノロノロ運転をした苦い経験があります。

ラスベガスの郊外、そしてアブダビ、アブダビには行ったことがありませんが、いずれも荒涼たる砂漠のど真ん中だったのでしょう。 土地のウネリに合わせて道路ができていますので、微妙に高低差があるものの、あくまで一直線です。 熱したフライパンの上を走っているようなものですから、確かに暑い!

しかし、湿度が殆ど 0 の状態で汗が噴き出すことも無い異様な体験です。 気付くと身体全体の皮膚はカサカサです。 ズボンで擦れる向う脛まで真っ赤になってしまいます。 出発前にシッカリと身体全体にベビーオイルを摺り込んでおく他ありません。

こんな状態ですから、初めてであればとても眠くなるようなことはありませんが、慣れてくると睡魔に襲われるのは避けられません。 ハンドルを回すこともないのですから、普通に椅子に座っているのと変らないのです。 対向車線との間には広い草地(殆ど草も生えていませんが)、ラスベガスの郊外を走っていた車はいつの間にか道路から外れて、この草地を走っていたようです。

眠くなったら、ともかくも車を止めましょう! 東北地方のとある場所で、どうしても眠気をふっ切ることができず、神社の近くに車を止めてしばし一休み。 同じこの季節だったのでしょう、鎮守の森の蝉しぐれと境内で遊ぶ子供たちの嬌声で眼をさました時の清々しさ、今でも心地よい思い出です。

☆ ☆ ☆

ラスベガス 5-27-06

別に「バクチ」が好きなわけでも無いのに、やはりラスベガスに行く機会は少なくありません。 多くの人達が集まっても宿泊場所の確保に心配する必要の無いところですから、国際的な展示会やら会合が結構多いのです。 会場はあの賑やかな通りの東側にある国際会議場が殆どです。

勿論、ここでラスベガスの観光案内をするつもりはありませんが、砂漠地帯、いわゆる湿度 0% のところなど、ここが初体験でしたので、少しばかりお話しを続けます。

ロスアンゼルスから 440 キロ(東京から琵琶湖あたりまでの距離)、途中、郊外の住宅地を抜けるまでは車も多く賑やかですが、10 号線をそれ、いよいよ 15 号線に入ってからは、ただひたすら何の変哲も無い一本道を走ることになります。

IS15 South

あの奇妙なジョシュアの木すらも目に入らなくなれば、平坦地あり峠越えありで高低差とカーブはあっても、見渡せるものは荒野とはげ山しかありません。 殆ど枯れかけた潅木が点々とあり、強い風が吹くと目の前の道路上を、砂と共に土を離れた潅木が丸い輪っかになって回りながら横切っていきます。 まるきり西部劇の世界です。

気が付くと、ズボンに擦れる 'むこう脛' はもう真っ赤! 確かに、ラスベガスのお店にはどこにでも、目の付くところにベビーオイルが置いてあります。 到底、水溶性のものでは間に合わないのでベビーオイルが唯一の頼りなのです。

賑やかでバカ明るい中心地を離れ、静かな居住者の町中にバーを見つけて飛び込み、先ずはビールを一杯! ところが、生樽からグラスに注がれたビールはどう見ても全く冷えていないようです。 少し落ち込みながら、ともかくもグッと一呑みすると、これがキンキンに冷たい。

そう、湿度 0% のこの場所ではグラスの表面に全く水滴が付かないのです。

☆ ☆ ☆

ようやく仕事が終わりました。 帰りは、やはり午後遅くになってしまいます。 LA へ、家路を急ぐフリーウェイでは、パトカーでも頭上のランプを点滅させながら制限スピードを超えて走ってくれます。 後続の私たちの車は、パトカーのスピードに合わせて走っています。 追い越さない限り大丈夫です。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。