海 外 ド ラ イ ブ

大地に吸い込まれてしまいそうな直線路、天空へ駆け上がるようなワインディングロード

グッとアクセルを踏み込んで進む、その先には ・・・

このブログのスタートは 5/18/06 付の「きっかけ」です。 海外ドライブの実用的な

TIPSは主に前半部分に集まりました。  ご参考になることでもあれば幸いです。

Bon Voyage & Safty Driving!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋滞と袋小路

2006-05-30-Tue-00:30
マニラで初めて運転をした頃のことを書こうかと思いましたが、当時のことを何故かよく覚えていません。 右側走行については、ともかくもアメリカでの経験が助けとなり、意外とすんなりと始められたのでしょう。 それに、最初は助手席に座ることができて、その間、この地の道路事情をジックリと観察できたのも幸いでした。

今はっきりと言えることは、ここで私の運転技術が格段に上がったことでしょう。 むしろ、真剣勝負の修業の場となったことを感謝すべきなのかもしれません。 道路は思ったより車線も多く広いのに、「混雑、渋滞」と言うよりも、「混乱、無秩序」と言った方が実情に合っていました。

先ず、車線が守られない、前方に少しでもスキ間を見つけると車線にお構いなく車を突っ込ませてくる。 歩行者がいつの間にか車の前を横切る。 最初は、本当にビビリます。 アクセルを踏むより、唯々、ブレーキのタイミングに神経を尖らす他ありませんでした。

それでも、しばらく運転している内に何とか気後れせずに、私だってやれるのではないかと、自信(度胸?)みたいなものが付いてきました。 回りの車はグングン突っ込んではきますが、実は臆病な運転です。

反対に、こちらがほんのチョッと先にハンドルを切って前に出ると、相手は素直に譲ってくれます。 遮二無二前に出るより、それぞれの車列を良く見ていて、たとえ流れは遅くとも一番スムーズなところの後ろに付けます。

動いたり、止まったり、車の洪水(よどみ?)の中で、前後、左右に注意を払い、全てのミラーを睨みつけて、置かれている状況を常に掴んでおくこと。 そう、チョットばかりの勇気と冷静さがあれば、何とか克服できるのです。 正直、ここでも事故は起こしていません。

☆ ☆ ☆

海外でドライブ旅行をされる方が、ヨーロッパは袋小路が多く、その上、次第に道が狭くなると言っておられました。 今回も、やっぱりヨーロッパは敬遠されてカナダに出掛けられたようです。

さて、マニラはもともとスペイン人によって作られたからでも無いのでしょうが、袋小路の多い街です。 街の広さや車の数に比べて通り抜けられる道が限られており、これが、いきおいメインの通りを混雑させてしまう理由の一つになっているのかも知れません。

袋小路の中は大半が住宅地です。 高級住宅地は当然のこと、中級、更にはスラムに近いレベル(中は、泥道のことも)までそうですから、街のかなりの部分が、表通りから隔絶されていることになります。 唯、住む側から見ると、高い防犯効果は大変有り難いことでしょう。

上で、チョイと恐ろしい道路状況をお話した上に、袋小路までお話ししますと、いよいよ 'フィリピンは止めた' と言われかねません。 私がマニラで運転を始めた頃と違い、今は、運転マナーも遥かに向上し、同時に、路面の穴ポコもグッと減ってきました。 高速道路も都心へは高架で乗り入れています。

一方、公共交通機関も、環状道路の中心部分に電車路線が新設され、以前からあった路線と南北で繋がり、便利になりました。

この広い環状道路は、1986 年、大群衆で埋まり、戦車の前進を阻んでアキノ政権を成立させた「ピープル パワー」の象徴となりました。 しかし、私には、床にいくつもの穴が空いて路面が見えるようなオンボロバスがスッ飛んで走り、降りるまでズッとハラハラ、ドキドキしていた頃を思い出させてくれます。
スポンサーサイト

マニラでドライブ !!

2006-05-29-Mon-00:30
アジアの中で、右側走行、何とか英語で意志が通じる国と言えば、フィリピンしかありません。 わざわざこのような理由でフィリピンを選んだわけではありませんが、なり行き上、フィリピンに深く係わることになってしまいました。

日本では、この国のイメージはとても芳しいとは言えませんが、実際は大半の住民が敬虔なクリスチャンであり、他のアジアの国と比べて、オープンで親しみのある人々の心意気に遜色はありません。

唯、「あの国でドライブ!」と言うとチョッとしりごみしそうです。 しかし、街中を走っている乗用車は、「トヨタ カローラ」、「ニッサン セントラ(サニー)」、「ホンダ シビック」などなど、日本ブランドで占められ、バスやトラックの中には日本から輸入された多くの中古車がハンドルの位置を左に変えて使われています。

ジープニィ

それに、何とも愉快なのが、「ジープニー」と称する小さな乗り合いバス。 派手な色使いと、思い思いにボンネットに付けられたオーナメント。 小さな工場で、いろんな部品が組み合わされながら一台、一台、出来上がっていきます。 こんなに楽しい往来に、自ら乗り出さない手はありません。

唯一つ、私の悩みは教習所で練習して以来、マニュアルの車を運転したことがありません。 殆どの車がマニュアル車のこの国で、オートマチックの車をようやく確保して、フィリピンの首都マニラでのカーライフ(英語では通じませんね!)が始まりました。

ガイドブック

2006-05-26-Fri-00:30
携帯品リストの中に、当然「ガイドブック」が入っていますが、アメリカでのドライブに関するものであれば、私の本棚にも、と、いった本があります。

何せ、航空券のみならず、現地で使うレンタカーも泊まるホテルもインターネットで直接予約してしまえば、旅行社に相談というわけにもいきません。 頼りは 'ガイドブック' なのです。

最近は、詳しく説明してある本が多くてたいそうありがたいのですが、やはり最後には英文のガイドブックでもう一度確認、ということになってしまいます。 英語の案内書は、基本的に車を使っての旅行用であり、目的地へのアクセスから始まる説明に違和感がありません。

どんな言語であっても、ガイドブックが一般の本と違うのは '簡潔明瞭な言葉' で書かれているだけではなく、その表現は豊かで、時には詩的でもあります。 そう、英語の勉強の意味もあって、出来るだけ英文のものを読むようにしたのです。 私も、こんなに品のある美しい言葉で話せるようになれば、と思いながら ・・・

勿論、私のお気に入りは "Fodor's" のシリーズです。 「"Fodor's" にも記載してある」、これだけで更に安心感が増すと言うものです。 勿論、ネット上にもありますので、是非一度、覗いてみて下ださい。

☆ ☆ ☆

入国審査

2008 年 6 月の "asahi.com" で、次の二つの記事が目にとまりました。

米国は、日本人などビザ免除の対象者に対し、出発の 72 時間前までにインターネットを使った承認システムでの登録を義務づける。 8 月から試行を始め、来年 1 月 12 日に義務化する予定。 (6-4-08)

7 月から国際線のすべての搭乗ゲートで、パスポートの確認を求められることになった。 (6-20-08)

"9・11" 以来、米国のみならず、殆どの国々が他国からの入国に対して神経質になったのは致し方ありません。 旅行で面倒な手続きは、本当にいやになるものですが、「インターネットを使った承認システム」など、考えようによっては、手続きを済ますと、その後 2 年間はほぼフリーパスになるのですからむしろ有り難い、と受け止めるべきなのかも知れません。

一度、アジア系のキャリアに乗って LA に向かいました。 乗客の大半が入国にはビザの必要な人々、イミグレーションのどの窓口にも延々と人の列が続いています。 必死の思いで入国を済ませましたが、やはり乗り継ぎ便には間に合いませんでした。

何度海外に行っても、飛行機から降り立って入国手続きゾーンに一歩踏み入れると、少々緊張します。 何故か、いやな思い出だけは忘れずに残っていますので、いくつかか挙げてみましょう。 国の名前は省きます。 (読めば、すぐ分かってしまうけれど !)

*  *  *

税関職員が、私のバッグの中から、手の中に収まるほど小さいのですが、精密な機器を見つけ出しました。 試作品で、先ずはその国のプロに意見を聞いてみようと持ち込んだものです。 当然のごとく、職員は輸入関税を求めてきましたが、私としては拒否。 それでは、出国するまでここに置いて行けとの要求、勿論、それも拒否。 ついには押し問答で、相手も機嫌が良くなかったのでしょうが、こちらも深夜のフライトで眠かったせいか言葉数が足りず、険悪な雰囲気になりました。

税関職員の気持ちが少しは収まったところで、私にとってそこが乗り継ぎ飛行場であったこともあり、最終目的地の飛行場の税関で通関する、との約束を取り付けることが出来ました。 その小さな荷物だけは、私の手を離れ別送されることになりました。

数日後、最終目的地の飛行場の税関事務所に出向きました。 ちょうど休みの日だったせいか、ガランとした事務所に、職員は一人だけ、奥の自分の机に座ったままフロントには出て来ようともしません。 大きな声で「荷物は着いていますか?」との問に、「着いているよ。 そこに置いてあるだろう。 一緒にある書類にサインして引き取っていいよ !」 Thank You!!

*  *  *

ずっと古い話になりますが、ある国で「長髪禁止」のおふれが出ました。 その上、それは外国人旅行者にも適用されるとのことです。 当時は、筆者もまだまだふさふさの黒髪を伸ばしていました。 後ろは襟に届いていてはダメ、横は耳にかぶっていてはダメとの厳しいものです。

イミグレーションの職員、私の髪をみて「散髪して欲しい。 散髪しないと入国スタンプは押せない。」 致し方なく、隣りに作られた臨時の散髪所で、指示通り、後ろの髪と横の髪を切り揃えられ、とういよりバッサリと断髪されました。 勿論、プロの理髪師が行なう丁寧な調髪のわけもありません。

私一人だけだったら、たいそう恥ずかしいことになったはずですが、回りにはお仲間(殆ど白人)がいるわいるわ! 一人だけ断固拒否して、大声で猛烈に抗議している白人を目にしました。 私だって、仕事でなかったら、同じことをしていたでしょう。 表に出た後、私のあわれな頭を見た地元の友人たち、ニヤりと笑いながら、「タダのエアポート・バーバーはどうだった?」

「これウソでしょう」って! ホントにホントのお話しです。

☆ ☆ ☆

コミュニケーション

私自身、決して英語が得意とは思っていないので、'言葉や会話' については出来るだけ触れまいと思っていたのですが、ほんの少しばかり述べてみましょう。

アメリカには一直線の道が多いという話から、こんなことを思い出しました。

多分、セントルイスだったと思いますが、電話帳をめくっていたら、日本名の付いた鉄板焼きレストランを見つけました。 住所を見ると、滞在中のホテルの窓からも見下ろせる同じ道路名。 早速電話で予約しました。

その時の会話を日本語に直すと、こうなります。 日本語名のレストランでも、やはり英語でした。 「いつ頃、こちらへお越しになれますか?」 「直ぐ出られるけれど。」 「では 30 分後ということで ・・・」 「ところで、この道を真っすぐ歩いて行けば良いのですね?」 「エッ ・・・、必ず車でお越し下ださい。」

確かに、歩いていたら、1 時間経っても半分にも及ばなかったでしょう。 同じ通りでしたが、通りの起点とほぼ終点。 目的地は、郊外にあるフリーウェイの出入口の更に先にあったのです。

ということで、何とか会話は成立して、とんでもない失敗を避けることが出来ました。

又、これはデトロイトでの話しですが、米国の仲間に、とある製造工場に連れて行って貰ったことがあります。 現場の若い従業員が実際の作業について説明を始めました。 連れて来てくれた友人が笑いながら、「解る?」と聞いてきました。 当然、私の返事は「全く解らない。」

とうとう、英語から英語への通訳をして貰いました。 私の解る言い回しと、易しい単語に振り替えて説明し直して貰ったのです。

ともかくも、学校の時の基礎英語学習を除けば、その後、系統立てて勉強したことなどありませんから、とても偉そうなことは言えません。 又、他の方が話されているのを聞いていて、結構、名詞も動詞もチャンと口から出ているように感じます。

唯、その単語の並べ方がまるで日本語と同じ、是非、最も基本的な文法を思い出していただいて - 主語 - 動詞 - 目的語、とチャンと並べてみて下ださい。 それだけで、ズッと英語らしく聞こえます。

私は、文法を必ず頭に入れながら、英語を勉強されるのが上達の道ではないかと考えるのですが、如何でしょうか?

アメリカ西海岸

2006-05-24-Wed-00:12
たとえば、ロサンゼルス (LA) を起点にすると、北へサンフランシスコまで 380 マイル(610 キロ)、ラスベガスヘ 275 マイル(440 キロ)、南へサンディエゴまで、125 マイル(200 キロ)ちょうど。

サンディエゴでアメリカの仕事仲間と合う約束をしたことがあります。 日本からアメリカ西海岸へ飛ぶ飛行機は、殆ど同日の午前中に到着しますから、何とかお昼にはレンタカーに乗り込むことが出来ます。 405 号線から 5 号線へ。 5 号線をしばらく進むと、眠気を吹っ飛ばすように、右手に太平洋が広がり、道路脇に咲く野の花に和む快適なドライブです。

予約していたモーテルにひとまずチェックイン、シャワーを浴びて服を着替え、約束のレストランで一緒に夕食を取ることが出来ました。 アメリカでの初ドライブであれば、一押しのお薦めコースです。

San Diego

と述べると、まるで余裕のドライブのように見えますが、実際はサンディエゴの町中に入って道が分からなくなり、だいぶウロウロと運転していたのが真相です。 手元のバッグをひっくり返しても、地図はレンタカーの会社で貰ったもの一枚。 サンディエゴの町中に至っては、小さなイラストもどきのものしかありませんでした。

やはり、全行程が掴めるような大きな地図、それに町中の道まで分かる区分地図くらい、前もって準備しておくのは常識でしょう。 そう、"マップクエスト (MapQuest)" を開き、出発前におさらいしておくことも出来ますね! 確か、ナビ装置の付いたレンタカーもあるとか ・・・

大切な方を助手席に乗せて西海岸をドライブするのであれば、北から南へ走るのが鉄則です。 そう、雄大な太平洋は右手にあるのです。 反対にサンフランシシコからロサンゼルスヘ、観光旅行であれば、当然、海岸道(州道 1 号線)を選ばれるでしょうから、上述のマイルを大幅に越える長い行程になってしまいます。

最低でも、ビッグサーからキャンブリアあたりで、1 泊。 唯、途中、モントレー、カーメル、更には、セレブの町サンタバーバラを通る道路ですから、やはり 1 泊では余りにももったいない ・・・

安全 & 快適ドライブ

2006-05-22-Mon-00:07
海外旅行と国際免許ガイド」のページを開いたら、次の 5 つの注意事項が目に入りました。
  • シートベルト、チャイルドシートの着用は義務
  • 車から離れる場合、貴重品は残さない
  • 危険な場所を見分け、進入しない
  • ヒッチハイカーは乗せない
  • 夜間ドライブは避ける
確かに、海外のみならず日本でも同じことが言えますね!

さて、車から離れる時、一体、何処に駐車したら良いのでしょうか? いずこも公共の駐車場は薄暗く、正直、停める勇気が出ないこともあります。 出来るだけ専用駐車場のあるところを選ぶようにした方が良いのでしょう。

朝早くから車で走り回ったら、夜まで走る元気は無くなってしまいます。 ましてや、「食事をして一杯」であれば、乗れるわけはありません。

日本のように車を止められて「飲酒検査」など先ず無いけれど、一度事故を起こせば、当然、「飲んでいる」か「いない」かが、事故原因の深刻な要因となるのは、どの国でも同じです。

東南アジアのある国で、現地に駐在する日本人から、ひどい体験談を聞いたことがあります。 夜、車を盗まれて、翌日ようやく発見されたそうですが、4 本のタイアは勿論、車内のオーディオ装置もそっくり無くなっていたとのこと ・・・

これも又、東南アジアの別の国で、仲間と一緒に車で地方に出掛け、仕事が終わったのは深夜近く、それでも車を飛ばせば 2 時頃には何とか戻れるな、と思っていました。 ところが、ここで一泊。 「どうして?」と聞いたところ、「夜には山賊が出ることもある。 道に障害物でも置かれてしまったら、先ず逃げ出すことも出来ない。」 確かに、もっともです ・・・

それでも、朝 4 時にはたたき起こされて、朝の 9 時からチャンと仕事をしていました。

☆ ☆ ☆

ドライブ用携帯品

旅行前に準備する携帯品をリストにして、毎回確認することにしていますが、それを見ると、
  • 運転免許証と国際運転免許証
  • 地図とガイドブック
  • 携帯電話(海外でも使える)
  • 着脱式バックミラー
  • 簡単な工具キット
  • 懐中電灯と電池
  • 濡れティシュー(時に、ベビーオイル)
といったものが、主な運転用の携帯品です。 国内の長距離ドライブと全く変わりませんね! 

コンパスをお持ちになる方もいらっしゃるようですが、磁石式のものを車内で使う場合は、正確に表示されないこともあり、私は携行したことがありません。

アメリカの道路でしたら、進入路の表示板に、道路番号の後、それが奇数であれば、 "North" あるいは "South"、偶数では、"East" あるいは "West" の表示があり、全くの反対方向に走ることは、先ずありません。 

バックミラーは、ずっと「フラット・フェース」のもので慣れていることもあり、私の場合はこれを付けるだけで、お守りと同じでグッと安心感が増します。

基本的に夜は運転をしないので、実際には懐中電灯や工具といったものを使ったことは無いのですが、予定がズレて周りが真っ暗になったりしたら、やはり怖いので、とりあえず揃えています。 勿論、防犯にはあまり役立ちませんが ・・・

ある会合で、米国で修行中の日本人女性眼科医とお話をする機会がありました。 「夜遅くなっての帰りは研究室から駐車場まで、必ず男性の同僚に送って戴く。」とのこと、駐車場も薄暗いし、表はもっと暗い ・・・

右側走行

2006-05-21-Sun-07:22
幸か不幸か、私は日本で左ハンドルの車を運転したことがありません。 従って今は、右に座ると左側走行、左に座ると右側走行と、頭の中で自動的に運転モードが切り替わるようになっています。 右側走行の国で長いこと運転した私にとっては、結果的に「幸」だったのかも知れません。

それでも外車に縁の無い私は、未だに方向指示の替わりに、激しくワイパーを動かしたり、結構、車の中で苦笑いをしています。

まだまだ初めの頃、確かアトランタの街中でレンタカーを借りて、手続きの終わった 1 分後には道に飛び出していました。 すぐに左折、レンタカーのプールを巡るように更に左折、気付いたら、ズッと左側を走行していたのです。

真正面から来たタクシーの黒人の運転手の目が真ん丸くなったのまで、シッカリと見ることが出来ました。 静かな日曜日の朝で、車が少なくて本当に助かった!?

但し、道が混んでいて車が引っ切りなしに走っていたら、かような勘違いは起こさなかったのかも知れません。 どんな時にも「心を落ち着けて、慎重に」ということでしょうか ・・

だいたい借りた車など、そのまま発車出来るわけはありません。 ミラーのアングルは全然合っていないし、当然、運転席も前後に調整しないと、足がペダルに届きません。

ようやく心落ち着いたところで、ラジオのジャズ専門局を探そうにも、いっぱい付いているダイアルやらボタンやら、どれが何やら全く分かりません。 スイッチを入れることすら出来ないのです。

どこでもレンタカーのプールは広いので、中を一回りくらいして、ダッシュボードの装備を確認するくらいの余裕が無ければ、と何時も思ってはいるのですが ・・・

☆ ☆ ☆

右側走行の国で車を走らせる時、誰からも「交差点の左折には注意しなさい。 いつの間にか左車線に入ってしまうともあるから ・・・」と注意を受けます。 先行車がいる場合はまだしも、先頭だったり、車が少なかったりすると、チャンと右側車線に入っていても不安になるものです。

唯、これだけは念仏のように唱えていますので、最初の経験を除けば、ひどい失敗をしたことはありません。 運転席に座る前に、見えないハンドルを握って、先ずはイメージトレーニング! これは必要です ・・・

日本でも右折が余りにも多いといやになりますから、出来るだけ左折、左折の道順で目的地にたどり付こうとしますが、右側走行の国では、当然、出発する前に、右折、右折の道順を探しておいた方が楽ですし、建物の敷地にも入り易くなっています。

そうです。 道路に出る時、自然と右にハンドルがきれるようになったら、もう大丈夫です。

基本的に、右折は信号に関係なく曲がれます。 日本ルールで止まってしまったら後ろの車に追突されかねません。 唯、繁華街では、余り大きくない字で「この交差点は信号に従って右折」と書かれていることもあり、ともかくも '注意' 走行で行きましょう!

チャンとそう書いてあるので止まったら、今度は後ろの車からブーブー鳴らされたり! 常に、「あんばいと寛容」の精神で ・・・

あまり教えて貰えなかったのが、'車回し' です。 日本では、建物の敷地に左から入り、時計回りに右から出ます。 別に不思議でも何でも無いのですが、逆に手前右から入り、時計と逆回りに左に出ます。 入口を通り過ぎて、出口から入ろうとしたことは度々でした。

きっかけ

2006-05-18-Thu-15:33
正直のところ、設置していた BBS に「迷惑スレ」が余りにも多いので、これ以上の継続を諦め、このブログをその替わりとすることにしました。

もともと、BBS をまじめに運営する気も無かったのですが、私のサイトに間違いを見つけて戴いたり、アドバイスを戴くチャンスがあるのかも ・・・、などとさもしい考えから、とりあえず BBS をくっ付けていました。

何と言ってもブログでは、書き込みもトラックバックも出来ますし、セキュリティの面からも、十分に BBS 以上の能力を発揮してくれるでしょう。

さて、現在、私は「プライベート・ビーチ・リゾート」のサイトを三つ作成しています。いずれも、フィリピン、マニラの近郊にあり、殆ど日本人に会うことも無い、私にとっては 'とっておき' の場所で、その案内サイトです。
lago_deoro.jpg

だからと言って、星の数ほどもある海外旅行の他のサイトと張り合うことなど考えてもいません。 所詮、蟷螂の斧! そこで私は、このブログで海外でのドライブ、とりわけ右側走行について、思いついたことをお話してみようかな ・・・、などと考えているところです。

☆ ☆ ☆

以前、マウイ島の会合に呼ばれて、ホノルルから小さなプロペラ機で、直接カーナパリに飛んだことがあります。 仕事は米国の仲間と会うことと、海に面したホテルの庭で行なわれるレセプションに顔を出すことだけ、限られた残り時間を効率的に使って、静かで美しいこの島の観光が出来ないかと考えました。

先ず行動に移したのが、カーナパリからラハイナに出て、ちょっとシックなアロハを探すこと。 レセプション用に「紺ブレ」だけは準備していたのですが、夕日と松明で赤く染まる庭に集まる大の男達の中に、貧相で小さな東洋人一人! そこで私は、断然「ハワイの正装アロハ」に決めました。

ラハイナで買い物が出来たから良かったものの、中心地まで出てしまったらとてもレセプションには間に合わなかったでしょう。 ホテルへの帰りに見た暮れなずむ海岸線! 明日は、あの明かりの見えない岬の向こうに行ってみたい!

飛行場で別れた日本人の老夫婦は、レンタカーを借りてのんびりと島を一周される、と話しておられました。 今晩は何処にお泊まりなのでしょうか? 私の結論は、やはり、自由に動ける車がどうしても必要、だったのです!

皆さん、宜しくお願いします。 シートベルトを締めて、サァー、出発!
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。